HOME国際学部NEWS
2022年02月02日NEWS

東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会から感謝状

東京2020大会では、持続可能性(サスティナビリティ)への配慮を通じて、世界が直面する課題解決のモデルとなる取組みが進められました。このなかで、組織委員会は、持続可能性に配慮した物品・サービスの調達を行う基準などを定めた「持続可能性に配慮した調達コード」を策定しました。さらに、このコードの不遵守に関する通報を受付け、その解決に向けた対応を行うための通報受付窓口が設置されました。
 
今回の感謝状贈呈は、通報受付窓口の運用の中立性・公平性を高めるために設置された助言委員会への原嶋洋平教授(国際学部)の貢献が評価されたものです。

感謝状

橋本聖子会長から原嶋洋平教授に送られた感謝状

原嶋洋平教授コメント

オリンピック・パラリンピックは世界最大のスポーツイベントですが、経済、社会、環境に及ぼす影響が大きく、「持続可能性」への配慮の重要性を痛感しました。国際学部の学びでも、「持続可能性」とは何かを考え、実践を試みます。

TOOLS