HOME国際学部NEWS
2021年12月07日NEWS

茂木創ゼミナール、大泉啓一郎先生(亜細亜大学)との交流会を開催

2021年11月10日(水)、茂木創ゼミナール(以下「ゼミ」)の3年生は、アジア経済をご専門とする亜細亜大学の大泉啓一郎教授をゼミの時間にお呼びしました。現在、ゼミは対面形式で行われていますが、遠隔授業のシステムを活用することで、他大学の先生をゼミにお呼びすることができました。
今回は、「中国経済の変化から​​アジア諸国はどのような経済的影響を受けるか​」という共通テーマの下、最近注目されている「ライブコマース」、「不動産規制の影響」、「輸出管理法の影響」という3つのテーマで発表と議論を行いました。
【感想】交流会を企画した伊藤愛梨さん(国際経済コース・3年)
ゼミ生はもちろん、大泉先生とも打ち合わせを重ね、活発な議論を行うことができました。大きなテーマでしたが、ゼミ生を3チームに分け、焦点を絞って議論できたのがよかったです。発表資料は仲間と直前まで議論を重ねて作成しました。ゼミの先生とはまた違う、他大学の先生から教えを受けることができたのは新鮮な経験でしたし、大変勉強になりました。
今年度のゼミ活動では、すでにOB・OGとのオンライン就職座談会を5回行いました。今後も、国内の他大学のゼミとの遠隔討論会や、海外で活躍する研究者、OB・OGとの交流会などを企画しています。

motegi_seminar20211110

ゼミ交流会の模様

TOOLS