HOME国際学部NEWS
2021年04月26日NEWS

学生と保証人の皆様へ(緊急事態宣言を受けて)

拓殖大学国際学部 学部長 徳永達己
国際学部長の徳永達己です。
本日付けで鈴木昭一学長より皆さんへ連絡がありました通り、拓殖大学では4月26日(月)から30日(金)の期間を「遠隔授業への準備期間」、5月1日(土)から11日(火)の期間を「遠隔授業」としました。
学生の皆さんには再度ご迷惑をお掛けします。保証人の方もご心配だと思います。これは新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防ぎ、緊急事態を鎮静化するために必要な措置です。ご理解いただきたいと思います。
今回は3度目の「緊急事態宣言」となりました。しかし前回と異なるのは「緊急事態宣言」解除後は、通常の対面授業に速やかに戻ります。4月から大学生活を開始したばかりの新入生をはじめ、1年間登校を待ち続けていた在校生の皆さんも出鼻を挫かれたことでしょう。今は新しい時代に向けて、国も私たち国民もそれぞれが “免疫力”を高める大切な時期です。規則正しい生活を通じて体調管理に努め、自らの行動を律するようにしてください。
国際学部は、BlackboardやMS Teamsなどの方法により遠隔授業を開講し、Takudai PortalやHPを通じて情報共有を継続していきます。学生の皆さんは、正しくその大学関連情報を入手すると共に、この機会を「学びを深める」ための期間と位置付けるようにしてください。そして、日頃の学びに加え、様々な手段を使って心の拠り所となる先生、ゼミ、共に学ぶ友人達に対して普段に増してコミュニュケーションを図り、健全な心身とさらなる向学心の維持に努めてください。私たちも皆さんと一緒になって本事態を乗り切って行きたいと思っています。
社会と自らを見詰め直す今回の経験は、必ずや新しい時代づくりにも活かされていくことでしょう。皆さんとキャンパスで再会できること楽しみにしております。

TOOLS