HOME国際学部NEWS
2020年04月08日NEWS

学生とご家族の皆様へ(緊急事態宣言を受けて)

カイ/甲斐信好(卒業アルバム:2015.03)

拓殖大学国際学部 学部長 甲斐信好
 
国際学部の学部長をつとめている甲斐信好です。
4月7日、安倍晋三首相が「緊急事態宣言」を発令しました。この宣言を受けて、拓殖大学でも文京キャンパス・八王子国際キャンパスの両方で、入構を原則として禁止しています。学生の皆さんにご迷惑をおかけします。ご家族の方もさぞかしご心配のことと存じます。感染を防ぐためとはいえ、本当に申し訳なく思っています。
授業スタートが5月になったことで、「一体何をすればいいのか?」と戸惑っている人もいるのではないかと心配しています。
国際学部の「根幹」はゼミナールです。国際学部ではゼミは基本的に2年生から4年生まで持ち上がりとなっています。1年生には、高校のホームルームのようなクラスゼミという時間があります。
上級生のゼミナールは、国際協力、経済、観光、農業など、専門の学びを深める場です。少人数のグループで、お互いが知り合い、学び、悩みや相談ごとを共有する場でもあります。「ゼミはファミリー」です。皆さんは一人ではありません。共に学ぶ仲間と先生がいます。そのことをどうぞ忘れないでください。
Takudai PortalやBlack Boardその他の手段を使い、さまざまな連絡が可能です。授業は5月8日からですが、ゼミの先生方にはその前に積極的に皆さんに働きかけてくださるようにお願いしています。オンラインの講義も状況を見ながら準備中です。どうぞ大学からの情報を見逃さないように注意してください。
学生の皆さんには、授業開始までの貴重な時間を、ぜひ読書など「学びを深める」時として使っていただきたいと思います。4年生は就職活動の悩みや卒業論文のテーマをゼミナールの先生に相談してください。でもまずは、手洗い、うがい、そして基礎体力(十分な休養)を忘れずに!
皆さんの笑顔が直接見られることを心から楽しみにしています。またお会いしましょう!
 

TOOLS