HOME国際学部NEWS
2019年10月31日NEWS

岡田ゼミと新田目ゼミが「八王子国際交流フェスティバル2019」に参加

10月6日(日)、岡田ゼミの2年生9人と新田目ゼミ2年生4人が、「八王子国際交流フェスティバル2019」の運営ボランティアおよび企画参加者として参加しました。岡田ゼミは3年連続、新田目ゼミは初めての参加です。
 
岡田ゼミでは、「異文化交流スペース」に出展した13ヵ国の一つとして、中国のブースを担当し、外国人を含む多くの八王子市民との交流を楽しみました。中国ブースでは、四川省から持ち帰ったジャイアントパンダのぬいぐるみが、訪れた子供たちから大人気でした。
またボランティアとして、メイン会場の設営と後片付け、イベントホールで実施された「異文化交流スペース」の管理、JICAの「世界の民族衣装試着体験」のお手伝いなども担当しました。

20191031_festival_01

岡田ゼミ中国ブース

20191031_festival_02

中国ブースでは、夏の四川・雲南への海外研修旅行を紹介しました
新田目ゼミは異文化交流スペースでベトナムに関する紹介を行いました。また外国人によるスピーチコンテストと「笑顔の写真展」に参加しました。
拓殖大学国際学部には毎年ベトナムから留学生が学んでいますが、近年その数が増加しつつあります。また、今年からベトナム語履修生参加のベトナム研修がスタートしました。さらに、大学院では日越大学行政大学院に教員を派遣し研究教育の支援をしています。そこで、過去に新田目ゼミで学んだベトナム人留学生の紹介やベトナム研修のしおりを作成し、来場者のみなさんにご説明しました。

20191031_festival_03

新田目ゼミ ベトナムブース

20191031_festival_05 (2)

陳有德君「日本の文化と言語」について発表

20191031_festival_05 (1)

ゴ・ティ・ホン・ニュンさん「日本人の性格」についてついて発表
最後に、今回、八王子国際協会事務局の方々には、わざわざゼミまで足を運んで説明いただくなど、大変お世話になりました。改めてお礼申し上げます。

TOOLS