HOME国際学部NEWS
2019年07月19日NEWS

一橋大学経済研究所 李 根雨 専任講師の特別講義が行われました

国際学部卒業生であり、日本の経済学研究の名門、一橋大学経済研究所の専任講師である 李 根雨氏(2013年 国際学科国際協力コース卒業)が、矢口ゼミナールの特別講義講師として来訪され「国際開発の研究と留学を含めた学生生活」という題で特別講義を行いました。

20190719_lecture_01

李 根雨 講師

20190719_lecture_02

時折ユーモアを交えて、講義されました
李講師は、留学生として来日し、2013年に国際学部国際協力コースを卒業し、その後、東京大学大学院新領域創成科学研究科に進学し、博士号を取得後の今春より一橋大学経済研究所で研究職に就いています。

来日後の日本語学科在学中に思わぬ出来事から国際協力系の学部がある拓殖大学国際学部を受験したこと、その後の学部での勉強で国際開発・国際協力系の勉強の楽しさに目覚めてコースとゼミを選んだこと、さらに在学中、英国の大学院に留学したエピソードや、留学生ならでは苦労話を時折ユーモアを交えて終始にこやかに講義される姿が印象的でした。また、専門の研究成果についても、経済学や専門知識のない学部生に対しての配慮をされて、かみ砕いた内容でお話しされました。講義後には、多くの参加学生から活発に質問があり、和やかに応じておられました。

20190719_lecture_03

講義終了後に参加学生と記念撮影
* 本講義を行うにあたり、拓殖大学教育ルネサンス2020「職業・キャリア教育支援 援助金」の補助を受けました。

TOOLS