HOME国際学部NEWS
2016年04月08日NEWS

平成28年度入学式と保証人懇談会が行われました

4月4日、八王子国際キャンパスで平成28年度拓殖大学入学式が行われました。国際学部は334名の新入生を迎えました。

 川名明夫学長からは、自ら積極的に課題を設定し、解決することのできる「拓殖人材」を目標に努力してほしいと告辞が述べられました。他人の考えを正しく理解し、自分を正しく理解してもらえるよう、人間性を磨いてほしいと訴えました。さらに拓殖大学の伝統である、現場を体験することの重要性も強調されました。続いて祝辞を述べた森本敏総長は、120年近くにわたり13万人を超える人材を輩出してきた拓殖大学の歴史に触れながら、世界にはばたき、リーダーシップを発揮できる有為な人材になってほしいと期待を語りました。

160404Nyugakushiki1

八王子国際キャンパスの入学式会場

160404_Gakucho

告辞を行う川名明夫拓殖大学学長

保証人との懇談会

体育館での入学式の後、会場を移し学部教員と学生保護者との懇談会が行われました。
 まず、国際学部の専任教員から一言ずつ自己紹介が行われました。続いて佐原隆幸国際学部長から、国際学部における学園生活の概要と学生としてぜひ心がけてほしい点について説明がありました。昨年度は200名近くの国際学部生が海外渡航を経験しました。新入生もできるだけ早い機会に海外へ行き、異なる文化に直接触れてほしい、そのために保護者の方も背中を押してくださいと、海外短期研修や留学を始めとする学部と拓殖大学の海外渡航制度への参加を呼びかけました。

160404Professors

一列に並びひと言ずつ自己紹介を行う国際学部教員
大教室での学部長からの説明の後、初年次ゼミの担当教員ごとのクラスに分かれ、さらに懇談会が続きました。個別会場では保護者の方からも発言があり、ご子息の学園生活についての疑問や不安などについて質問をしている姿も見受けられました。

160404_Meeting1

保護者の方へ語りかける福田教授(右)

160404_Meeting2

クラス別懇談会の冒頭で挨拶をする佐藤丙午教授(左)

160404_Meeting5

卒業生の進路について説明する吉田教授(中央)

160404_Meeting6

クラスゼミ(初年次ゼミ)のメリットについて話す佐藤明彦教授(左)

TOOLS