HOME国際学部NEWS
2015年02月19日NEWS

マレーシア研修団、政府新年会に参加

2月19日、旧正月の元旦にあたるこの日、マレーシア研修団は、クアラルンプールで開かれたマレーシア政府の新年会に参加しました。この催しは、毎年元旦にMalaysia China Associationのビルで開かれます。マレーシアの首相をはじめ、各大臣がこの会場へ集まりました。

マレーシアの運輸大臣(Minister of Transport)であるLiow Tiong Lai大臣が会場に入場する際に、本学の学生2名が握手をする機会に恵まれました。
  
佐藤さん(国際学部1年)は、〝Saya orang Jepun.(私は日本人です)″とマレーシア語でお伝えしました。すると大臣からは、「おはようございます」と綺麗な日本語でお返事がありました。
 田崎さん(国際学部1年)は、大臣と握手をしたとき、「とても気さくな雰囲気で、身近に感じられた」という感想を持ちました。

152019_malaysia_01-thumb-300x200-22233

中央が佐藤さん、右側が運輸大臣

152019_malaysia_02-thumb-300x200-22234

左側が田崎さん

152019_malaysia_03-thumb-300x200-22235

雰囲気を楽しむ学生

152019_malaysia_04-thumb-300x200-22236

会場内の様子
協定大学のマレーシア国民大学のお力添えもあり、来週、首相官邸や行政機関の集まる都市、プタラジャヤの見学が予定されています。参加学生は、マレーシアの温かい人々の真心に触れながら、今後も集中して勉学に励んでくれることでしょう。
  
この研修は計26日間、「語学研修と文化体験」をするための春季プログラムで、今年で15回目となります。学生たちが日本を離れ、東南アジアの文化に触れることで自分の価値観を見つめなおす成長の場となっています。

152019_malaysia_05-thumb-400x267-22237

研修メンバーで記念撮影

TOOLS