HOME国際学部NEWS
2014年02月26日NEWS

マレーシア研修団がマレーシア首相官邸を訪問しました。


2月25日、国際学部主催のマレーシア短期研修団19名が、マレーシア首相官邸を訪れました。通常、一般公開はされていませんが、研修の提携大学であるUKM(マレーシア国民大学)のとりはからいをいただき入場することができました。


まず官邸内で、行政新首都プトラジャヤ(官邸の所在地)の歴史を紹介したビデオが上映されました。さらに首相官邸戦略部のシャーラン・ビン・イスマイル部長が、ご自身が日本を訪れた時の思い出を交えながら、マレーシアと日本の友好関係の大切さについて、研修生に向け熱く語ってくださいました。

お話をうかがったあとにはティータイムが準備され、美味しい飲み物と軽食をいただきました。最後に、首相の執務室がある官邸最上階まで案内され、写真撮影が許可された場所では研修生たちが記念撮影を行っていました。

国際学部のマレーシア研修は、春期休暇中の約1ヵ月間実施されます(他学部の学生も参加可能)。研修生はマレーシア語か英語のいずれかのクラスを選択し、語学研修が中心となります。さらに、現地社会見学として、日本大使館訪問、観光スポット巡り、農村ホームステイ、現地大学生との交流会など、マレーシア文化を体験的に学ぶための活動が豊富に盛り込まれています。

140226_Kantei1

後ろに見える建物が首相官邸

140226_Kantei2

官邸内の様子

140226_Kantei3

迎賓用のバルコニーで

TOOLS