JICA-拓殖大学連携ボランティア_下層ヘッダー

ネパール・農業を通じた農村地域活性化プロジェクトのZoom報告会を行いました

10月30日、JICA-拓殖大学連携 海外協力隊ネパール農業プロジェクトの報告会をzoomにて行いました。冒頭の「国際学とは、思いやりの学問だ」という甲斐信好学部長の挨拶から始まり、その後、2019年1月より海外協力隊員として現地で活躍していた国際学部卒業生2名(石川栄貴さん、森島あやめさん)および短期海外協力隊員として派遣された現役学生2名(廣江はるかさん、根岸宏旭さん)による報告が行われました。国際協力の現場とは実際にどのようなものか、写真とともに語ってもらいました。

甲斐学部長からの挨拶

甲斐学部長による挨拶

石川隊員の活動風景

石川隊員の活動風景(トマト栽培の指導)

森島隊員の活動風景

森島隊員の活動風景(市場でのマーケティング調査)

廣江隊員の活動風景

廣江隊員の活動風景(トウガラシ液の解説)

根岸隊員の活動風景

根岸隊員の活動風景(動画撮影)

小林事務局長からのコメント

小林青年海外協力隊事務局長によるコメント
出席者は1,2年生を中心とした300人ほどで、最後にJICA青年海外協力隊事務局長の小林広幸様より「現地の農家が文字を読めない中でどう工夫したらいいか、あるいはジェンダーの課題にどう向き合うか、など非常に隊員らしいすばらしい活動をしていただいた」とのコメントをいただきました。海外で活躍することを夢見る国際学部生にとっては、今回の報告が大きな刺激になったのではないかと期待されます。

TOOLS