HOME学部の教育6つのコース制 国際政治コース

国際政治コース

世界平和をめざして国際社会は協調の道を探っていますが、今なお紛争や対立が絶えることはなく、多くの人々が苦しんでいます。このコースでは、平和や安全保障をキーワードに、国際社会が直面する課題について学びます。主に開発途上国のさまざまな国・地域における政治、社会、文化、宗教などへの理解を深め、国際社会が歩むべき未来を考えます。それを通じて、問題を発見・分析し、新しい政策を提言できる能力を養います。
abm00014568

学生MESSAGE

政治を理解する。
私たちの日常、未来の生活を考える。

井深真帆さん

皆さんは「国際政治学」と聞いてどう感じるのでしょうか。
「難しそう」、「私には関係ない」など、どこか否定的な意見もあるのではないでしょうか。
私も以前はそうでした。
しかし、ゼミや授業での学びを経て、政治を理解するということは私たちの日常生活や未来の形成につながることを知りました。国際政治コースでは、理想主義と現実主義の二つの観点から、世界の政治に目を向けていきます。

国際学部の魅力
こんな先生のこんな授業が面白い

民族間の紛争や国際的諸問題通じて世界を知る
佐藤丙午ゼミナール

国際政治コースでは、民族間の紛争や、人権・資源・食料・環境などの国際的諸問題を掘り下げて考え、それらの解決策を追究しています。
2 年次のゼミでは、政治分析方法論に関する一冊の本を用いて意見や問題点を論じ合う「輪読」を行います。この「輪読」は、学生たちが国際社会で起こりうる事象を多角的に捉える力を培い、同時に、豊かな教養を習得するための一助にもなっています。
私は1年次に佐藤丙午先生の担当する国際政治入門を聴講し、国際関係論や覇権システム論について学び、世界の多様な現実を知りました。

20190607_国際政治コース

それを機に、私は日本および国際社会の諸問題の解決のために、確かな「自信」を持って国際社会に貢献できる人材になりたいと考え、ゼミを選びました。ゼミの仲間や先輩方と共に切磋琢磨する日々は、大学時代だけでなく、卒業後も自身の行動指針になるだろうと感じています。          (国際学部 齊藤礼子)

TOOLS