HOME学部の教育6つのコース制 農業総合コース

農業総合コース

農業総合コースでは、「農業」という技能を武器に、世界で活躍できる人材を育成します。
日本ではあまり知られていませんが、農業は世界共通のグローバルビジネスです。
本コースは文系でありながら、農学部に匹敵する豊富な実習をこなします。
青年海外協力隊、国際農業商社、食品メーカーなどをはじめ、グローバルな活躍が期待されます。
栽培技術習得のために、北海道への「国内農業留学(半年~1年)」を行います。
201905農業総合コース

学生MESSAGE

実際に農業を体験しながら学び、国際協力の現場で役立つ力を身につけます。

廣江はるかさん

将来は国際協力の現場で働きたくて、何か一つ強みを身につけるために農業総合コースを選びました。実習の機会が豊富で、キャンバス内にある農園で農作物を作りながら、開発途上国で効率よく育てられる農法の開発などに取り組んでいます。土に触れる学びは毎日が発見の連続で、収穫時の達成感はひとしおです。

国際学部の魅力
こんな先生のこんな授業が面白い

農業にはたくさんの可能性があります
竹下正哲ゼミナール

農業総合コースでは農業の基礎知識はもちろん、世界の農業も視野に入れて勉強しており、八王子国際キャンパスにある圃場や地元八王子市内で行われる実習授業では、野菜や稲だけでなく養蜂や果樹にも取り組んでいます。
さらに、竹下ゼミナールと農業総合コース生で若い世代で農業を盛り立てていくための「ハタチの畑プロジェクト」という他大学と共同の取り組みも行っています。ハタチの畑プロジェクトでは山梨の果樹農家さんの元で指導を受けたり、農業ビジネスを考え企業の方へプレゼンテーションを行いました。現在は八王子の市場と連携し地域活性化のプロジェクトを進めています。

佐藤渚

農業にはたくさんの可能性があります。農業総合コースで勉強を始めてから、ただ畑で作物を育てるだけが農業ではないと気がつきました。農業は奥が深く知れば知るほど興味を持てます。みなさんもぜひ一緒に農業総合コースで農業の魅力を追求しましょう!
                                       (国際学部 佐藤渚)

TOOLS