国際学部

ホーム > 国際学部概要 > 学科構成とコース > 国際政治コース

国際政治コース

コース・ナビゲーション 国際協力 国際経済 国際政治 国際文化 国際観光 農業総合 学科とコースに戻る 前のページに戻る

政治学は私たちに身近な学問。
自分を成長させたい人におすすめです。

国際政治コース
M Oさん 埼玉県出身

1年次に受講したコース入門科目で甲斐先生が話していた「政治学は人間学だ」という言葉に感銘を受けて国際政治コースを選びました。ルワンダの虐殺について取り上げたので紛争の恐ろしさに対するショックも大きかったのですが、「争いを引き起こすのは人の心」という話にとても説得力を感じました。政治学というと難しそうに感じますが、私たちの身の回りでも大小さまざまな紛争が常に起こっています。なぜ争いが起こるのか、解決するためにはどうすればいいのかを考える学問だと捉えると、政治学がとても身近な学問に感じられるようになりました。


国際政治コース International Politics Course

世界平和をめざして国際社会は協調の道を探っていますが、今なお紛争や対立が絶えることはなく、多くの人々が苦しんでいます。このコースでは、平和や安全保障をキーワードに、国際社会が直面する課題について学びます。主に開発途上国のさまざまな国・地域における政治、社会、文化、宗教などへの理解を深め、国際社会が歩むべき未来を考えます。それを通じて、問題を発見・分析し、新しい政策を提言できる能力を養います。


主な専門科目
国際政治
国際紛争
現代のジャーナリズム
安全保障
地域紛争
平和構築
政治と民族
アジア史
日本の政治と外交

めざす進路
新聞・テレビ・出版
警察・消防・自衛隊
マスコミ
国家公務員・地方公務員
メーカー・商社・流通 他

国際政治コースの魅力

こんな先生のこんな授業が面白い!

甲斐信好ゼミナール 担当教員 : 甲斐信好 教授

甲斐信好ゼミナール

激動する国際社会を生き抜く人間力を身につける

甲斐ゼミのテーマは国際政治。現代社会で起きているさまざまな 出来事の背景を探ります。冷戦期から現在までの現代史、時事問題、そして世界のコミュニケーションツールである英語などを学んで います。リアリズム、リベラリズム、さまざまな立場から激論になることもしばしばです。

いま自分が生きている時代の問題点を見抜く洞察力、そして過去 から学ぶ姿勢を養い、その時代に生きた人々の考え、気持ちを理解 することで、この激動する国際社会を生き抜く人間力を身につける。それが甲斐ゼミでの3年間です。

(4年 NRさん)

米国カナダの政治 担当教員 : 川上高司 教授

「米国カナダの政治」

同時多発テロの背景を知る

2001年に起きた9.11同時多発テロは、誰でも知っているでしょう。しかし、なぜ起きたのか、そしてその背景には何があったのかは、この授業を受けなければ分からなかったと思います。

今世界で何が起きているのかを理解するためには、アメリカを知ることが不可欠です。授業では、アメリカという国を歴史的背景から、宗教、文化、経済まで幅広く勉強しています。

この授業を受けてから新聞の読み方が変わりました。川上先生は、刻々変わる世界情勢を先生の広い情報網を使って掘り下げて丁寧に教えてくれます。新聞を読んでいて、勉強した事が自分の知識になっていると分かった時は、講義を受けて本当に良かったと思いました。

(4年 AJさん)