国際学部

ホーム > 国際学部情報NOW > ニュース > 学生ボランティアチーム > 「ぼくたち夏休みのボランティア活動・海外研修合同報告会2016」を実施しました

ニュース

「ぼくたち夏休みのボランティア活動・海外研修合同報告会2016」を実施しました

【国際学部】「ぼくたち夏休みのボランティア活動・海外研修合同報告会2016」を実施しました

11月18日(水)、C201教室に国際学部の学生・教員約150名が集まり、国内・海外でボランティア活動を積極的に行っている2つのボランティアグループ、この夏国際学部のプログラムで海外研修を行った2つの研修団、麗澤会インド派遣団、そしてインドネシアで交換留学や個人研修奨学金制度を利用して短期留学を行った学生からの報告を聞きました。

この報告会は10月12日に行ったゼミ活動の合同報告に続く第二弾。
複数のボランティア団体や海外研修帰国者が合同の報告会を行ったのは初めてになります。

会場には、『国際社会とボランティア』の受講生に加え、ボランティアや海外研修に関心のある1年生も多数来場し、多彩なプレゼンテーションに耳を傾けていました。




【国際学部】「ぼくたち夏休みのボランティア活動・海外研修合同報告会2016」を実施しました
パワーポイントを駆使して活動内容を分かりやすく説明しました。

今回の報告会も、参加グループの代表が実行委員会を結成して、チラシの作成などの広報活動や当日の司会進行などを行いました。
冒頭、実行委員会を代表して国際ボランティア愛好会所属の長島あすか委員長より、「本日は、各グループから実際に国内外でボランティアや海外研修を実践してきた経験の報告があります。 ボランティアや海外研修に興味のある学生は、ぜひ参考にしてください」との開会の挨拶があり、その後、各グループからプレゼンテーションが行われました。




グループ名 対象地域・国 実施時期 活動概要
カナダ観光
実務研修
カナダ 8月23日
~9月5日
英語の授業、ホテルでの課外研修(レストラン、ブライダル)、JTBバンクーバー支店で実務を体験。滞在期間中はホームステイを行った。
国際ボランティア愛好会 カンボジア、日本各地(熊本、千葉、神奈川、八王子等)   国際協力、環境保護、地域活性化、災害救援の4分野で海外や国内全国各地で活動。またキャンパスのある八王子地域でも、八王子祭りや八王子とうろう流しなどのイベントでボランティア活動を行っている。
拓殖ボランティアチーム (TVT) 日本各地(南三陸、熊本)、ラオス等   簡単にできるボランティアから、被災地に実際に足を運び支援活動を行うなど、国内外問わず、興味関心のあるボランティアに積極的に取り組んでいる。  また、TVTから派生したミッタパープは、ラオスと南三陸町を繋ぐフェアトレード活動を行っている。毎年、ラオスと南三陸に直接訪問し、現地の方たちと交渉をしながら商品開発をし、販売をしている。
インドネシア研修 (短期研修) インドネシア 8月10日
~8月31日
ダルマ・プルサダ大学でインドネシア語・英語を学びながら、現地の伝統的な文化(楽器、料理、ダンスなど)に触れた。また、ポジョン村への訪問、日本語学科を有する高校での日本語ボランティアなども行い、現地の子供たちや学生との交流を行った。
インドネシア研修 (交換留学) インドネシア 2015年8月
~2016年8月
交換留学生として、ダルマ・プルサダ大学でのインドネシア語を履修し(1年間)、ホームステイをしつつ、大学近辺の専門学校で日本語ボランティア等を行った。 
インドネシア研修 (個人研修奨学金) インドネシア 8月8日
〜9月2日
個人研修奨学金制度を利用し、語学学校でインドネシア語を学ぶとともに、インドネシア独立戦争に関する研究のため、資料館や歴史的建造物などを訪問。またホームステイをしつつ、現地学生等との交流も深めた。
麗澤会
インド派遣団
インド 8月31日
〜9月12日
インドの都市(デリー、コルカタ、ブッダガヤ、バラナシ、ムンバイなど)を巡った。学生団員は12名で、国際学部からは2名が参加。現地では、拓大の先輩が駐在する在外公館や政府機関、民間企業などを訪問するとともに、「マザーハウス(マザー・テレサの活動した場所)」にも訪問した。

各グループの発表を受けて、フロアとの質疑応答があった後、赤石和則教授より、「今日の皆さん発表で共通するのは、いずれも現場で実際に暮らしている人々に入り込んでいること、もう一つは皆さんが誰かから指示をされたわけでなく、自分の意思で活動に参加したこと。 それはボランティアの原点でもある。国際学部にはこうしたいろんなチャンスがあるので、ぜひ今後も活かして成長してほしい」との総括コメントで会を締めくくりました。

【国際学部】「ぼくたち夏休みのボランティア活動・海外研修合同報告会2016」を実施しました
「ボランティアの原点は、自分がやりたい!という気持ちを持って参加すること」と語る赤石教授。

(国際学部教授 岡田 実)

掲載日:2016年11月21日

ホーム > 国際学部情報NOW > ニュース > 学生ボランティアチーム > 「ぼくたち夏休みのボランティア活動・海外研修合同報告会2016」を実施しました

このページの先頭へ