国際学部

ホーム > 国際学部情報NOW > ニュース > 社会貢献・研究活動 > 専任教員研究業績を更新しました

ニュース

専任教員研究業績を更新しました

最近年の専任教員研究業績一覧(2008年2月現在)

詳細な研究業績についてはこちらもご覧ください

氏  名 公表形態 単・共著別 タイトル 発行所・主催者 発表・
刊行年月
茅原郁生 論文 単著 「17期共産党大会後の国防近代化政策」、『海外事情』、第56巻2号 拓殖大学海外事情研究所 2008年2月
茅原郁生 研究報告 単独

『中央アジアと東アジア協力の展望』第3セッション「軍事共同体としてのSCO」、中央ユーラシア調査会公開シンポジウム、東京・霞ヶ関東京會舘

中央ユーラシア調査会公開シンポジウム 2008年2月
茅原郁生 論文 単著 「中国の国防近代化をめぐる転換点―海軍戦略と空母保有問題」、『国際問題』、1/2月合併号、№568号・電子版 日本国際問題研究所 2008年1月
茅原郁生 研究報告 単独 報告「日中防衛交流の展望」および「当面の北東アジア情勢と地域安全保障」への評論、北東アジア情勢と地域安全保障フォーラム、中国・北京新世紀日航ホテル 北東アジア情勢と地域安全保障フォーラム 2007年12月
茅原郁生 研究報告 単独 報告「台湾に於ける国連加盟の動向分析」、日本戦略研究フォーラム・中国国際友好聯絡会共同シンポジウム、中国・北京国際飯店 日本戦略研究フォーラム・中国国際友好聯絡会 2007年10月
茅原郁生 研究報告 単独 基調報告「北東アジアの安全保障と海洋問題」、第2回日中海洋安全保障問題ダイアローグ、東京・虎ノ門パストラル 日中海洋安全保障問題ダイアローグ 2007年8月
矢口優 論文 共著

"Beyond the Environmental Kuznets Curve: A Comparative Study of SO2 and CO2 Emissions between Japan and China", Environment and Development Economics, Vol.12, pp.445-470.

Oxford University Press 2007年6月
茅原郁生 論文 単著 「平和台頭論が揺らぐ中国エネルギー需給の逼迫」、『問題と研究』、5/6月号 台湾国立政治大学国際センター 2007年5月
長坂寿久 著書 単著 『オランダを知るための60章』 明石書店 2007年5月
呉善花 論文 単著 「敗戦国の善悪観を日本は克服できるか」 『正論』6月号 産経新聞社 2007年5月
新井典子 論文 単著 "Reading 'Butterfly Narrative' Against the Grain ", 『人文研紀要』第59号 中央大学人文科学研究所 2007年5月
小島眞 報告書 単著 「総論」及び「提言」研究会委員会報告書『インドとの新たなパートナーシップ』 地球産業文化研究所 2007年4月
小島眞 論文 単著 「対論:中国 VS.インド」『世界経済評論』4月号 (社)世界経済研究協会 2007年4月
野村進 著書 単著 『救急精神病棟』 講談社+α文庫 2007年4月
原嶋洋平 論文 単著 「日本」、地球環境戦略研究機関(IGES)編『2007年:アジアの環境重大ニュース』、pp.41~2 地球環境戦略研究機関(IGES) 2007年4月
呉善花 論文 単著 「「格差社会説」と「安全神話崩壊説」の欺瞞」『新日本学』平成19年春(季刊4) 拓殖大学日本文化研究所 2007年4月
長坂寿久 論文 単著 「新しい世界システムと憲法九条(その6) 国民投票法案の分析」『NPO協働e-news』2007号4月号(37号)
NPO研修・情報センター 2007年4月
新田目夏実 論文 単著 「高齢化と日本型地域福祉の展開-「アジア的福祉モデル」の可能性-」『国際開発学研究』第6巻2号、pp.51~67 拓殖大学国際開発研究所 2007年4月
小島眞 論文 単著 「インド経済拡大の現状と展望」『世界経済評論』3月号 (社)世界経済研究協会 2007年3月
小島眞 論文 単著 「IT産業の進展と今後の成長力」日本経済新聞社との共同研究「インド経済研究会」報告書『インド経済の現状と展望』 日本経済研究センター 2007年3月
小島眞 論文 単著 「東アジアに接近するインド経済」浦田・深川編『経済共同体への展望:東アジア共同体の構築(第2巻)』 岩波書店 2007年3月
小島眞 論文 単著 「インドの台頭とルックイースト政策」研究会委員会報告書『東アジア域内の産業協力-日本企業の役割と可能性-』 地球産業文化研究所 2007年3月
小島眞 論文 単著 「インドの台頭とルックイースト政策」CUC View & Vision, No.23 千葉商科大学経済研究所 2007年3月
小島眞 研究報告 単独 ”Prospects and Conditions for Long-run Economic Growth in India” (Japan-UK Forum on the Expansion of China and India: Impact and Consequences for Japan, UK, and the World Economy, March 2, 2007, Chatham House, London) Japan-UK Forum 2007年3月
梶原弘和 著書 共著 「世界貿易構造の長期変化と東アジア」、野田容助・黒子正人編『貿易関連指数と貿易構造』アジア経済研究所統計資料シリーズ、第6章、pp.161-85 アジア経済研究所 2007年3月
矢口優 論文 共著 "Evolution of Crop-dairy Production Systems in South India from 1971 to 2002"(Venkatesa Palanichamy, 加治佐敬との共著), 『国際開発学研究』第6巻2号,pp.23-33 拓殖大学国際開発研究所 2007年3月
佐原隆幸 著書 単著 『研修員受入が日本国内に与えたインパクトに関する調査―研修員受入事業により活性化される受入組織についての考察』 日本国際協力センター 2007年3月
赤石和則 報告論文 編著 「途上国における教育の『質』の向上に資する教育手法(参加型学習・ファシリテーション技能等)開発の可能性」(文部科学省委託平成18年度拠点システム構築事業「国際教育協力イニシアティブ」調査研究報告書所収、pp.1-14、および pp.31-33) 拓殖大学 2007年3月
吉田頼且 著書 共著 『国際商取引事典』(絹巻康史先生古希記念出版編集委員会編) 中央経済社 2007年3月
吉田頼且 論文 単著 FTAによる開発途上国の金融自由化-シンガポール、チリの事例研究を中心として-」、『国際開発学研究』第6巻、第2号 pp.3~21 拓殖大学国際開発研究所 2007年3月
吉田頼且 論文 単著 「東アジアの地域金融協力と債券市場の育成」、『日本貿易学会年報』第44号(全国大会研究報告)、pp.46~52 日本貿易学会 2007年3月
藤村幸義 報告論文 単著 「教育産業化の弊害、人材供給の足かせに」『中国の経済大論争』、pp.128~150 日本経済研究センター・清華大学国情研究センター 2007年3月
小野沢純 報告論文 単著 「東アジア経済統合の鍵はASEAN側にあり」『月刊マレーシア』Vol.490, pp.15~17
(社)日本マレーシア協会 2007年3月
長坂寿久 論文 単著 「日本のNPOセクターの発展と現状」『季刊 国際貿易と投資』2007年春号(67号), pp.91~101 (財)国際貿易投資研究所、 2007年3月
福田惠子 論文 単著 「聞き手に対する丁寧さの変化ー若者の意識からー」『拓殖大学日本語紀要』第17号、pp.27~35 拓殖大学留学生別科 2007年3月
丸山伸郎 論文 単著 「中国における産業技術開発政策」『第11次五ヵ年計画期における中国の産業発展と技術進歩』 (財)国際貿易投資研究所 2007年3月
柳原透 論文 単著 「ラテンアメリカにおける生活安全保障の課題と取組み」、『海外事情』2007年2月号、pp.60-74 拓殖大学海外事情研究所 2007年2月
原嶋洋平 講演 単独 「途上国の経済構造の変化と環境問題」、環境省調査研修所『国際環境協力中級研修』 環境省調査研修所 2007年2月
長坂寿久 論文 単著 新しい世界システムと憲法九条(その5) 憲法改正案の分析」『NPO協働e-news』2007年2月号(35号) NPO研修・情報センター 2007年2月
新田目夏実 学会発表 単独 “Japan’s Community-Oriented Welfare for the Elderly: Its Implications to Asian Developing Countries,” Global Development Network Annual Conference, 北京 Global Development Network 2007年1月
小島眞 論文 共著 “Emerging Two Big Software an the Recent Japanese Offshorinng Trends” (with Sakura Kojima) China Sourcing Forum 2007年1月
佐藤明彦 著書 共著 『やさしい英語で学ぶBBCドキュメンタリーBBC Short Clips on DVD 』 成美堂 2007年1月
呉善花 論文 単著 「遊里文化といきの精神」『新日本学』平成19年冬(季刊3) 拓殖大学日本文化研究所 2007年1月
矢口優 著書 共著 「経済発展と環境問題」 ( 園部哲史との共著),清野一治・新保一成編『地球環境保護への制度設計』東京大学出版会, 第1章, pp. 55-86 東京大学出版会 2007年1月
茅原郁生 論文 単著 「中国の戦略文化・思想」、『戦略研究』第4巻所収 戦略研究学会編、扶桑書房 2006年12月
茅原郁生 研究ノート 単著 「東アジアの安全保障環境―危機概念の多様化と新危機要因の浮上」、『ディフェンス』2006年秋号 防衛庁隊友会出版局 2006年12月
柳原透 学会発表 単独 "Developmentalist Structural Reform as Precondition for Economic Growth" presented at All China Economics International Conference, Hong Kong, December, 2006 All China Economics International Conference 2006年12月
呉善花 著書 単著 『日本語の心―ことばの原風景をたずねて 日本教文社 2006年12月
王曙光 論文 単著 「本格化する中国企業の海外展開」『東アジアへの視点』2006年12月号、pp.1~10 財団法人東アジア研究センター 2006年12月
小島眞 論文 単著 「長期的成長が見込まれるインド経済とその課題」『国際問題』12月号(No. 557) 日本国際問題研究所 2006年12月
長坂寿久 論文 単著 「通貨取引税(トービン税)の動きとNGO~発足した国際連帯税とUNITAID」『季刊 国際貿易と投資』2006年冬号(66号)、pp.83~100 (財)国際貿易投資研究所 2006年12月
梶原弘和 論文 単著 “Population Aging with a Declining Birthrate in Selected Countries and their Econmic Growth” in Facing up to the Problem of Population Aging in Developing Countries, ch.2, pp.6-43 Institute for International Cooperation JICA 2006年12月
甲斐信好 論文 単著 「タイのクーデターと新中間層」、『海外事情』2006年12月号、pp.75~84 拓殖大学海外事情研究所 2006年12月
呉善花 論文 単著 「ノ・ムヒョンは南北統一を捨てない」『Voice』12月号 PHP研究所 2006年11月
小島眞 論文 単著 「ITハブとしてのインドの実力と展望」『世界経済評論』11月号(巻頭言) (社)世界経済研究協会 2006年11月
野村進 著書 単著 『千年、働いてきました』 角川書店 2006年11月
柳原透 論文 単著 "Examining the 'Demographic Dividend' Thesis" in Aging Problems in Northeast Asia, pp.239-77 上海人民出版社 2006年11月
新田目夏実 著作 単著 「アジアの都市化の新局面」、新津晃一・吉原直樹編『グローバル化とアジア社会』、pp.99~142 東信堂 2006年10月
呉善花 論文 単著 「水平方向に開かれたヤポネシアとしての日本」『新日本学』平成18年秋(季刊2) 拓殖大学日本文化研究所 2006年10月
呉善花 論文 単著 「日本独自の遊興文化」『Voice』11月号 PHP研究所 2006年10月
小島眞 論文 単著 「待たれる日印経済関係の飛躍」『海外事情』10月号 拓殖大学海外事情研究所 2006年10月
茅原郁生 研究報告 単独 「アジアの危機としての中台関係」、拓殖大学総合国際安全保障シンポジウム、東京・拓殖大学 拓殖大学 2006年10月
茅原郁生 一般報告 パネリスト 「日本のアジア外交はどこに向かうか」、拓殖大学国際シンポジウム、東京・拓殖大学 拓殖大学 2006年10月
茅原郁生 編著書 編著 『中国軍事用語事典』(編集の監修と共に全916項目中、72項目を執筆) 蒼蒼社 2006年10月
原嶋洋平 報告書 共著 「生物多様性国家戦略における『国際協力』」、『環境省請負調査:平成17年度世界各国の環境法制に係る比較法調査報告書-各国編Part-2 自然保護・物質循環-』、pp.13~34 商事法務研究会 2006年10月
徳原悟 翻訳 共訳 『開発経済学概論』 岩波書店 2006年9月
長坂寿久 論文 単著 「新しい世界システムと憲法九条(その4) 九条を世界のNGOネットワークへ」『NPO協働e-news 』2006年9月号(31号) NPO研修・情報センター 2006年9月
藤本耕士 論文 単著 “Financial and Economic Analysis of Education Sector Projects ”『国際開発学研究』第6号第1号、pp.59-96 拓殖大学国際開発研究所 2006年9月
呉善花 著書 共著 『やっかいな隣人韓国の正体―なぜ「反日」なのに、日本に憧れるのか』(井沢元彦との共著) 祥伝社 2006年9月
小島眞 論文 単著 “Japan-India Economic Relations: Current Economic Reality and Issues” in Japan Spotlight, September&October Japan Economic Foundation 2006年9月
長坂寿久 論文 単著 FIFAワールドカップとNGO」『季刊 国際貿易と投資』2006年秋号(65号)、pp.112~132 (財)国際貿易投資研究所 2006年9月
小野沢純 論文 単著 「マレーシア~格差是正を模索するブミプトラ政策」、『季刊国際貿易と投資」2006年秋号(No.65)、pp.75~82 (財)国際貿易投資研究所 2006年9月
原嶋洋平 論文 単著 “WTO Environment Negotiations and Asian Developing Countries”, 『国際開発学研究』第6号第1号、pp.39-58 拓殖大学国際開発研究所 2006年9月
水野晶子 論文 単著 “The Plus Alpha Corner-An Outlet for Creative English Teaching”、『国際開発学研究』Vol. 6 No.1, pp.97-110 拓殖大学国際開発研究所 2006年9月
 
掲載以外の研究業績については、教育・研究等業績一覧もご覧ください
     
           

掲載日:2008年03月11日

ホーム > 国際学部情報NOW > ニュース > 社会貢献・研究活動 > 専任教員研究業績を更新しました

このページの先頭へ