国際学部

ホーム > 国際学部情報NOW > ニュース > その他 > マレーシア研修団が現地日本大使館を訪問しました

ニュース

マレーシア研修団が現地日本大使館を訪問しました

【国際学部】マレーシア研修団が現地日本大使館を訪問しましたphoto
「大使館前で記念撮影」

2月19日、国際学部主催のマレーシア研修団23名が、在マレーシア日本国大使館を訪問しました。
当日ご担当くださいました広報文化部より、大変貴重な講話をいただきまして、参加学生にとって大学の講義以外での重要な勉強となりました。


【国際学部】マレーシア研修団が現地日本大使館を訪問しましたphoto
「独立広場、ムルデカスクエアにて」

講話の中では、日本国大使館の役割として現在進行中の大きなプロジェクトの流れなど、実例を交えながらご説明いただけました。
また、日本以外の国での危機管理の重要性について深く理解しました。 講話の終わりには、質疑応答の時間も用意してくださり、4名の学生の質問に的確なご回答をいただきました。

お話の中に、「海外に一歩踏み出して何かを経験することが将来の自分につながる」というメッセージが込められており、学生は熱心にメモを走らせていました。
今回の貴重な経験のおかげで、目的意識が更に高まり、希望を膨らませながら今後の研修に取り組むでしょう。


【国際学部】マレーシア研修団が現地日本大使館を訪問しましたphoto
「ヒンドゥー教の聖地、バトゥケイブにて」

このマレーシア研修は、春季休暇中の約1ヵ月間の日程で実施されます(今回、工学部の学生も参加中)。 学生は、英語(午前・午後とも)、または、マレーシア語(午前英語・午後マレー語)のいずれかのクラスを選択し、語学を中心に学びます。

さらに社会見学として、日本大使館訪問、クアラルンプール観光地巡り、首都機能の集約された都市プタラジャヤ見学、フルーツ・コーヒー農園視察、 多国籍なグループでの交流会など、マレーシア文化を存分に体験できる活動が盛り込まれています。

掲載日:2016年02月22日

ホーム > 国際学部情報NOW > ニュース > その他 > マレーシア研修団が現地日本大使館を訪問しました

このページの先頭へ