国際学部

ホーム > 国際学部情報NOW > ニュース > 課外活動 > カナダ観光実務研修 報告1

ニュース

カナダ観光実務研修 報告1

カナダ観光実務研修が始まりました。今年は8月25日から9月7日までの予定で実施します。

国際学部の海外研修はアジア各国での研修を特色としていますが、実は、カナダでも研修を実施しています。カナダ研修では、JTBカナダとの全面的協力のもと、英語研修と実際の観光実務研修を行いますので、観光コース希望の学生には特におすすめです。この研修では全期間ホームステイするため、英語力強化を目指す学生にも人気の研修となっています。今年は外国語学部の学生一名を含む15名が参加しています。

8月25日は羽田空港に集合後10時間のフライト。16時間の時差をともなう長時間のフライトは全員初めての経験なので、到着後時差ボケと闘いながら、勉強を続けています。
 到着後直ちに、オリエンテーションが行われ、ホームステイ先家族との顔合わせを行いました。その後、期待と不安に震えながら、それぞれの家庭に引き取られていきました。

オリエンテーション、ホームステイ家族と
到着後に行われたオリエンテーションの様子、ホームステイ家族ごとに記念撮影


 二日目からは、早速、バス、電車などの現地交通機関を用いての通学です。これから三日間は、午前中はESL(第二言語としての英語学習)、午後は観光実務に関する講義と現地視察です。英語の先生は、仙台の高校で英語を教えたこともあるステファン先生、まだ不安が抜けない学生たちを、ときどき日本語も交えながら、やさしくリードしてくれます。

授業風景
午前中は英語、午後は観光実務についての授業が行われます

慣れてくると、グループになったり、ペアになったりしながら会話の練習です。また、二週間目から職場に配属されますので、英語による自己紹介の準備をしました。

グループワークを行う研修生。自己紹介の練習
グループワークを行う研修生。実務研修に向け自己紹介の練習を。

 
 ※ 本ニュース記事中の写真の一部は、(株)JTBコーポレートサービス様のご提供によるものです。ご協力に感謝いたします。

(文責:国際学科長 新田目夏実)

掲載日:2015年09月05日

ホーム > 国際学部情報NOW > ニュース > 課外活動 > カナダ観光実務研修 報告1

このページの先頭へ