国際学部

ホーム > 国際学部情報NOW > ニュース > 課外活動 > 岡田ゼミ有志が八王子市と中国・泰安市の友好交流活動に参加しました

ニュース

岡田ゼミ有志が八王子市と中国・泰安市の友好交流活動に参加しました

八王子市と中国・山東省泰安市は、2006年9月23日に友好交流協定を締結し、スポーツ交流や文化交流等様々な分野で市民交流が活発に行われてきました。こうした両市の交流の一環として、「泰安市山東農業大学ホームステイ交流団」が2015年7月30日から8月3日まで八王子市を訪問し、学生8名は八王子市日中友好協会が八王子市民から公募したホストファミリーの家庭に滞在しながら、高尾山観光や八王子市民との交流を行いました。

先般、八王子国際協会を訪問し、お誘いを受けていた岡田ゼミの有志留学生は、さっそくこの企画に参加。初めて訪日した学生の通訳や案内のボランティアとして活躍し、主催者側や交流団から感謝の言葉をいただきました。ホストファミリーとして参加した筆者の自宅にも1年生の男子学生が4泊し、日本の家庭料理を味わってもらうとともに、近くの公園で八王子花火大会などを一緒に楽しみました。また、拓殖大学のオープンキャンパスが開催されていたことから、国際学部にも訪問。活発に動き回る国際学部の学生アシスタントの姿が印象深かったようです。

交流団一行は、7月31日午前に石森孝志八王子市長を表敬訪問。石森市長から、2006年からの両市の友好交流の歴史に触れつつ、歓迎の挨拶があり、地元メディアからもインタビューを受けました。

本企画にボランティアとして参加した岡田ゼミ・顧笑宇君(2年)は、次のような感想をを述べてくれました。
「山東省泰安市訪日団ボランティア活動に参加させていただいて本当にありがとうございました!今回の活動はたった三日間だけでしたが、訪日団の学生たちの通訳を担当したり東京都内と高尾山の観光の案内も担当したりする同時に、山東農業大学の学生と先生たちや八王子日中友好協会の人たちとの交流を通じて、僕もいろいろ学ぶことができました。このようなボランティア活動は、学生時代の貴重な経験として、今後社会に出ても役立つと思います。これからも勉学を始めとして何事にも一生懸命頑張りたいと思います。また次回機会があれば、ぜひ参加させていただきたいと思います。」

(国際学部教授 岡田 実 記)

石森八王子市長を表敬訪問する泰安市交流団一行と受入関係者のみなさん
石森八王子市長を表敬訪問する泰安市交流団一行と受入関係者のみなさん

掲載日:2015年08月13日

ホーム > 国際学部情報NOW > ニュース > 課外活動 > 岡田ゼミ有志が八王子市と中国・泰安市の友好交流活動に参加しました

このページの先頭へ