国際学部

ホーム > 国際学部情報NOW > ニュース > 課外活動 > 長坂ゼミが高校でワークショップを開催

ニュース

長坂ゼミが高校でワークショップを開催

nagasaka1105_1.jpg
ワークショップの内容説明に耳を傾ける高校生

 

NGO/NPO活動を通じた国際協力を研究テーマとする国際学部の長坂ゼミナールは、毎年八王子キャンパス近くの相模原総合高校でワークショップを行っています。今年もゼミ生から実施報告が届きましたのでご紹介します。

nagasaka1105_3.jpg
展示パネルに見入る高校生たち
nagasaka1105_4.jpg
質問に答える長坂ゼミの学生

 

10月23日、相模原総合高校で授業の一環として、例年行っている長坂ゼミによるワー クショップを今年も開催しました。今回のテーマは児童労働や児童買春、少年兵、ス トリートチルドレンなど、開発途上国の子どもたちが直面している問題について考え ました。

最後はみんなで、これらの問題をどう考えるのか、どうかかわっていくかについて議論しました。ワークショップに向けて学生たちは時間をかけて準備してきましたが、高校生にどう役立ったのか、終わるといつも反省ばかりです。(長坂ゼミ 堀香史) 

nagasaka1105_2.jpg
ゼミ生による高校生へのプレゼンテーションを見守る長坂教授(右から2人目)

掲載日:2009年11月05日

ホーム > 国際学部情報NOW > ニュース > 課外活動 > 長坂ゼミが高校でワークショップを開催

このページの先頭へ