国際学部

ホーム > 国際学部情報NOW > ニュース > イベント > 保証人懇談会が行われました

ニュース

保証人懇談会が行われました

4月4日、入学式終了後の国際学部棟内で、新入生の保護者(保証人)を対象とした懇談会が行われました。
 前半の全体会合では佐原隆幸学部長より、国際学部の概略について説明が行われました。カリキュラムや少人数教育、オフィスアワーの設置など、国際学部の特徴についての説明とあわせて、「硬派」なイメージがある拓殖大学の中で、今年の国際学部新入生の約半数(47%)が女子学生であること。学修意欲と華やかさを兼ね備えた女子学生が多いことにより、学部全体も明るさに満ちていることも紹介されました。さらに今年も8カ国・地域からの留学生を迎えたこと、国内も北海道から九州まで多彩な出身地の学生によって構成されていることも伝えられました。

佐原隆幸学部長
学部説明をおこなう佐原隆幸学部長

学部長の説明が終わると、教室後方に控えていた国際学部の全教員が教壇上に並び、マイクをリレーしながら順番に一言ずつ自己紹介を行いました。「一言ずつ」というのは、大学教員はマイクを持つと話が長くなるという「習性(?)」があるためです。
 教員の自己紹介終了後、新入生のクラスゼミごとの個別会場へ移動し、クラスゼミ担当教員との個別の懇談会が続きました。留学にはどれくらいの費用がかかるのか、クラブ活動と勉強との両立はどう図ればいいのか、といった具体的な質問に丁寧に答えている会場も見受けられました。

国際学部教員の紹介
国際学部教員が「一言ずつ」自己紹介を行いました

掲載日:2015年04月05日

ホーム > 国際学部情報NOW > ニュース > イベント > 保証人懇談会が行われました

このページの先頭へ