国際学部

ホーム > 国際学部情報NOW > ニュース > イベント > 春期海外短期研修結団式

ニュース

春期海外短期研修結団式

国際学部では「世界の現場に強い人材育成」の一環として、7カ国で海外短期研修を開催しています。その春期研修の結団式が、1月20日(金)に行われました。今回の研修は、タイ、韓国、中国、フィリピン、カナダ、マレーシアの6ヶ国での開催となり、およそ100名の学生が参加します。約1ヶ月間、語学研修および文化交流を行います。

吉田学部長からの熱いエール
吉田学部長からの熱いエール
甲斐先生の司会で式が進みます
甲斐先生の司会で式が進みます

 

結団式のはじめに吉田学部長から「研修での経験はとても貴重なものであり、学生一人ひとりの財産になります。これから社会に羽ばたけるよう、しっかりと研修に励んできて下さい」という激励の言葉が贈られました。

つづいて各研修の学生リーダーから、研修に臨んでの抱負が述べられました。「さまざまな事に前向きに参加していきたい」、「語学ばかりでなくその国の文化も感じ取ってきたい」など、前向きな言葉が並びました。

news120120a_01.jpg

研修を引率する教員からは、語学習得のコツや、研修先の国で生活する上でのアドバイスがありました。

研修を引率する6名の教員からもメッセージが 上段左から武田准教授、文教授、中段左から藤村教授、新田目教授、下段左から内藤教授、佐藤准教授
研修を引率する6名の教員からもメッセージが
上段左から武田准教授、文教授、中段左から藤村教授、新田目教授、下段左から内藤教授、佐藤准教授

 

セレモニーの締めくくりに赤石学科長より「今回の短期研修が成功するよう願っています」という挨拶がありました。今回の研修生のおよそ3分の1は、海外渡航が初めてということでしたが、それぞれ期待に満ちた表情が印象的でした。きっと、この春期休暇が貴重な期間になることでしょう。

「有意義な期間となりますように」
「有意義な期間となりますように」

掲載日:2012年01月20日

ホーム > 国際学部情報NOW > ニュース > イベント > 春期海外短期研修結団式

このページの先頭へ