国際学部

ホーム > 国際学部情報NOW > ニュース > イベント > 平成22年度入学式が行われました

ニュース

平成22年度入学式が行われました

4月5日、八王子キャンパスにて平成22年度拓殖大学入学式が行われました。あいにくの朝からの冷たい雨ではありましたが、桜が満開のキャンパスで希望に胸をふくらませた351名の国際学部生が誕生しました。

0405a.jpg
入学式での国際学部の新入生
0405b.jpg
式開始前に大学創立100周年記念DVDを観る

 

式の冒頭で「拓殖大学創立100周年記念DVD」が上映されました。創立者の桂太郎を始め、後藤新平、新渡戸稲造らが大きく貢献した創成期に、どんな理念のもとに大学が創設されていったかを知り、「人種の色と地の境 我が立つ前に差別無し」と校歌に刻まれた建学の精神が紹介されました。

続いて渡辺学長から新入生に対し「自己犠牲をいとわず、人のために生きる利他の精神をもった人間へと成長していってほしい」と期待を込めた告辞がありました。
在校生の代表として国際学部4年の田中学君が歓迎の辞を述べ、「拓殖大学で一生懸命に学んでいく中で、地域行政に関心を持ち、『地域を元気にしたい!』という目標を抱くようになった」とこれまでの大学生活の充実ぶりを紹介し、新入生へのエールとしました。

0405c.jpg
利他の精神"の大切さを告示する渡辺学長
0405d.jpg
歓迎の辞を述べる国際学部の田中学君

 

体育館での入学式を終え、新入生はすぐに国際学部棟へ移動しました。来週から始まる英語の授業に向け、クラス分けテストを行うためです。
新入生たちが試験を受けている間、同伴された保護者のみなさまを対象にE101教室で保証人懇談会が開かれました。学部から海外研修や少人数ゼミなど、学生のためきめ細かい対応がなされている学部の特長についての説明をおこなうとともに、保護者のみなさまからの大学生活に関しての質問に答えました。海外研修や就職状況についての関心が高かったようです。その後クラス別に分かれた教室では、さらにきめ細かい質問が数多く出されました。

新入生たちは、緊張に包まれながら、翌日からのオリエンテーションにのぞんでいきます。
拓殖大学での4年間がスタートしました!

0405e.jpg
保証人懇談会で挨拶する吉田新学部長
0405f.jpg
学部の教員紹介

掲載日:2010年04月05日

ホーム > 国際学部情報NOW > ニュース > イベント > 平成22年度入学式が行われました

このページの先頭へ