国際学部

ホーム > 国際学部情報NOW > ニュース > イベント > 平成19年度卒業式と優秀卒業論文表彰者

ニュース

平成19年度卒業式と優秀卒業論文表彰者

平成19年度卒業式は3月22日に行われました。式典では国際開発学部*の総代である高野 翔くん(開発協力学科卒)が学部生を代表して、卒業証書を授与されました。また、在学生の代表として、本学部の日詰 美穂さん(開発協力学科、新4年生)が卒業生への送辞を述べました。

2008commence2.jpg
平成19年度 国際開発学部総代 高野 翔くん
2008commence1.jpg
送辞を述べる日詰美穂さん

 

式典後、グループに分かれ全卒業生に卒業証書が授与されました。その後、学部主催パーティーの場で卒業生同士、あるいは教員、事務職員、在校生をも交えた最後の歓談やゼミごとの記念撮影が和やかに行われました。

2008commence7.jpg2008commence8.jpg

 

2008commence4.jpg
国際開発学部名物?! 民族衣装の学生

2008commence10.jpg

 

 

パーティーの途中では恒例となっている、優秀卒業論文賞の授賞式が行われ、最優秀論文に贈られる学部長賞を受賞した伊竹 清佳<さやか>さん(開発協力学科卒)をはじめ、10人の受賞者に賞状と副賞が授与されました(受賞者リストは本稿末にあります)。そして、パーティーの最後には、これまた恒例となっているチアリーダーSplashers(スプラッシャーズ)による、パフォーマンスも行われ、パーティー会場を大いに盛り上げました

2008commence3.jpg
学部長賞を受賞した伊竹 清佳さん

2008commence9.jpg

 

 

2008commence67.jpg2008commence68.jpg

 

 

優秀卒業論文賞受賞者 (敬称略)
氏 名 論 文 テ ー マ ( 論 題 ) 指導教員
学部長賞 伊竹 清佳 インドネシアの宗教共存 -別宗教夫婦と伝統信仰からみた考察- 小野沢 純
優秀賞 伊藤 真嗣 ジェネリック薬普及についての考察 -途上国における知的所有権の観点から- 長坂 寿久
優秀賞 高野 翔 フェアトレード再考察 -基準分析とNGOの生産者支援の取り組みを中心に- 長坂 寿久
優秀賞 坂本 まどか Ethnic in Japan -輸入品と日本人- 小野沢 純
優秀賞 中村 慧 哲学的に考察する貧困 赤石 和則
佳作 持田 健幸 チベット亡命社会の物質化による変化と危機 -三人の亡命チベット人二世から浮かび上がる現状- 野村 進
佳作 林 静 日本の政治現状における若者の政治的無関心について 赤石 和則
佳作 菊地 ひろみ ネパールのGirl Trafficking 篠塚 徹
佳作 新村 和樹 国連安全保障理事会決議1441形成過程 -アメリカを中心とした関係国の動向とその意図- 川上 高司
佳作 橋本 和樹 少子化対策としての男女共同参画社会基本法 -第3号被保険者廃止論からみる男女共同参画社会基本法の誤解- 新田目 夏実

*2007年4月より本学部は国際学部に改組されましたが、それ以前の入学者は卒業まで国際開発学部に所属することになるため国際開発学部の表記となります。

掲載日:2008年03月31日

ホーム > 国際学部情報NOW > ニュース > イベント > 平成19年度卒業式と優秀卒業論文表彰者

このページの先頭へ