HOME国際学部NEWS
2018年04月09日NEWS

【国際学部】タイ短期研修を実施しました

2月2日から2月22日の21日間に渡って、タイ短期研修を実施し、拓殖大学の学生13名が参加しました。
春休み期間中に実施されるタイ短期研修は、コンケン大学での研修、農村訪問、バンコクでの研修の3つの柱から成り立っています。
コンケンはタイ東北部を代表する都市で、一定の都市化が進展するとともに、昔ながらののどかな雰囲気も残る街です。このコンケンに立地する国立大学であるコンケン大学で、2週間、タイ語と英語を中心としたプログラムを受講しました。

201804090thailand01

コンケン大学

201804090thailand02

タイ語を研修
コンケン大学では、語学の研修に加え、タイ人学生チューターとの交流やテーマに基づくデイスカッション、文化交流なども行い、タイ人学生と広く交流を持てることも特徴となっています。

201804090thailand03

タイの学生とのデイスカッション

201804090thailand04

週末にはノンカイを訪問
コンケン大学での研修後は、ラオス国境に近い村を訪問しました。村の方々が、温かく学生を迎えていただき、参加学生は村人と交流をするとともに、キャッサバやゴム農園などタイ東北部の農業を視察させていただきました。

201804090thailand05

農村の村の方々との交流

201804090thailand06

キャッサバ農場を訪問
バンコク周辺は東南アジアを代表する製造業の集積地です。バンコクでは、日系企業を訪問させていただき、タイでの製造業、ビジネスの現場についてお話をお伺いする機会を頂きました。海外での仕事の現場を拝見させて頂いたことは、学生にとって貴重な機会となりました。
報告:国際学部 椎野幸平(本年度引率教員)

201804090thailand07

発展を続けるバンコクを視察

TOOLS