HOME国際学部NEWS
2018年01月09日NEWS

【国際学部】ネパール・キソル博士の特別講義を行いました

本学部竹下 正哲准教授が担当する「農業生態学」において、ネパールからキソル・チャンドラ・カナル博士を招いた特別講義が12月20日に行われました。キソル氏は、本学部が国際協力機構(JICA)と連携して行う「ネパール・農業を通じた農村地域活性化プロジェクト」の、ネパール側のキーパーソンでもあります。

20180109_inter_photo1

特別講義は、竹下准教授からキソル氏と連携プロジェクトの概要紹介の後、キソル氏が農村出身であるご自身の生い立ちを絡めながら、幼少期に見てきたネパール農業と現在の違いを浮き彫りにすることから始まりました。そして、今日のネパール農業がかかえる問題点を明らかにし、連携プロジェクトで取り組むべき課題も述べられました。熱心な学生からは質問がありました。

20180109_inter_photo2

終始にこやかな表情で講義されるキソル博士

その後、佐原学部長と連携プロジェクトを担当する岡田教授、竹下ゼミナール卒業生も加わって歓談も和やかに行われ、連携プロジェクトへの期待も語っていました。
(文責: 国際学部広報委員会)

20180109_inter_photo3

佐原学部長との歓談

TOOLS