HOME国際学部NEWS
2017年10月10日NEWS

TAKAOフェスタ2017に参加しました

拓殖大学国際学部の学生団体TVT/Mittapharbは、9月22日(金)から9月24日(日)の三日間、八王子市の「イーアス高尾」で開かれた「TAKAOフェスタ2017」に参加しました。

TAKAO フェスタ2017は地元・八王子、高尾で活躍するアーティストやクリエイターたちが参加する、地域活性化のための新しいイベントです。

TVTは拓殖大学国際学部生が2011年の東日本大震災の時に立ち上げたボランティアグループで、震災復興活動を行っています。

Mittapharb(ミッタパーブ)は、同じメンバ―が参加する国際的活動で、ラオス南部のサラワン県ホアイフン・タイ村の手織り布を購入し、宮城県南三陸の「ミシン工房」で加工し、販売するものです。ミッタパーブはラオスの寒村をフェアトレードで応援するとともに、震災被災地で職を失った女性たちに生計を提供する、社会支援プロジェクトです。

今回の展示では、地元の織物・染色関係者とも知り合いになり、さらに活動の輪が広がりそうです。

TAKAOフェスタ2017に参加しました

TOOLS