HOME国際学部NEWS
2017年03月24日NEWS

平成28年度卒業式、学部表彰式が行われました

3月23日、平成28年度拓殖大学卒業式が八王子国際キャンパスで行われました。国際学部からは312名の卒業生が、4年間通い続けたキャンパスを巣立っていきました。
体育館で行われた全体式典では各学部の総代がそれぞれの学部長より学位記を授与されました。その後の川名明夫学長の訓辞では、国際大学のパイオニアである拓殖大学の伝統を受け継ぐ卒業生は、自信と誇りをもって自らの道を切り開いていってほしいとのメッセージが送られました。森本敏総長からは目標を明確にもち、真に意味のある生き方を追求し、自主自立の精神をもち、バランス感覚を身につけた人材となるよう励んでくださいとの祝辞が贈られました。

訓辞を述べる川名明夫拓殖大学学長

訓辞を述べる川名明夫拓殖大学学長

森本敏総長は徳川家康の言葉も引用されました

森本敏総長は徳川家康の言葉も引用されました
会場を移し各教室で卒業生一人一人に学位記と記念品が手渡されたのち、国際学部表彰式が行われました。国際学部表彰式は、全卒業生の卒業論文の中からもっとも優れた論文を書いた10名に贈られる優秀卒業論文賞を始めとして、GPA表彰(成績優秀者表彰)、学部長エッセイコンテスト入賞者、TOEICスコアアップ賞、地域言語学習奨励賞、英語スピーチコンテストの優勝者、副専攻の認定、そして大学が取得を推奨する各種資格の合格者が表彰の対象となります。学部教員とご家族に見守られながら、佐原隆幸学部長から賞状と記念品が授与されました。

佐原学部長を囲んでの記念撮影

佐原学部長を囲んでの記念撮影。前列右から5人目が最優秀卒業論文賞の笠原瑠希亜さん。
表彰式を終えると八王子国際キャンパス内のレストランで卒業記念パーティーが開催されました。卒業生たちが入学時の学部長である吉田頼且教授の乾杯の挨拶ののち、4年間をともに過ごした学友同士の歓談が続きました。毎年恒例となっているチアリーディング部「スプラッシャーズ」も駆けつけてくださり、華麗な演技を披露してくれました。

お世話になった先生方と4年間を振り返ります

お世話になった先生方と4年間を振り返ります

「スプラッシャーズ」も駆けつけてくれました

「スプラッシャーズ」も駆けつけてくれました
卒業生のみなさん、ご卒業おめでとうございます!

掲載日:2017年03月24日

TOOLS