JICA-拓殖大学連携ボランティア_下層ヘッダー

学部長の言葉

ネパールの農村活性化プロジェクトに参加して国際人のキャリアパスを開こう

佐原学部長

国際学部 学部長 佐原 隆幸
拓殖大学国際学部は、2017年9月15日ネパールのゴルカ地方の農村活性化を図るプロジェクトをスタートさせました。このプロジェクトは国際協力機構(JICA)と協定を結んで実施されるものです。国際学部で農業の基礎教育と実習を受けた人の中から複数名を青年海外協力隊員として派遣する形で展開していきます。

国際学部では、国際協力、国際経済、国際政治、国際文化、国際観光、農業総合コースを設けて、学生各人の得意分野で集中的な学びを積み上げ、途上国や新興国で活躍できるグローバル人材の育成を目指しています。専門知識を現場で生かす語学能力をのばすため、英語はもちろんアジア各国(中国、韓国、インドネシア、マレーシア、タイ、フィリピン、ベトナム、インド、アラビア)及び中南米で使われている言語(スペイン、ブラジル)も履修できます。途上国や新興国の最前線の現場で活躍できるオンリーワン人材育成のための教育を提供しています。

今回のネパールでの農村開発プロジェクトは、国際学部での学びを途上国に暮らす人々が直面する問題解決に適用する「実践教育」の場でもあるのです。現場での学びが、皆さんを国際人に育て上げます。拓殖大学八王子国際キャンパスには、国境を越え、言語や文化の壁を越え、世界を舞台に活躍したいという夢を持った学生があふれています。そこで繰り広げられている国際人教育の熱風にあなたも触れてみませんか。

TOOLS