教育の特徴

世界につながり、世界をつなぎ、世界で行きぬく力を身につける
国際学部と言えば、欧米の先進国を学ぶところがほとんどですが、拓殖大学の国際学部は大学創設以来100年の伝統を活かし、アジア、中南米、アフリカ、中近東、中央アジアなど開発途上国を中心に学び、そこから世界をみていくことに特徴があります。このような特色のある学部は日本広しといえども、拓殖大学国際学部だけです。
 
6つのコース制
6つのコースから世界にアプローチ!
フットワークのよい国際人をめざしませんか

国際学部は1学部1学科制を採用していますので、入試はすべて「国際学部国際学科」(定員300名)で受けていただきます。コース制を採用していますが、コース選択は2年次からですから、入試の段階では「国際学部」のみを選んでいただければよいわけです。
語学・留学
徹底した英語教育
多彩な英語力を育成
出口さん・竹之下さん

在学生VOICE

「使える英語」を学べる環境があります!

出口桃子 さん(写真左) 
富山県・富山南高等学校出身

出口桃子 さん(写真右) 
埼玉県・越谷南高等学校出身

出口さん:ネイティブの先生が英語の「訛り」のことや、自分の国の文化のことなどを話してくれるので授業が楽しみです。
竹之下さん:英語の授業が充実しているので、実践力を身につけるだけでなく、TOEICやTOEFLなどの資格取得をめざします。

学んだ英語で専門科目講義にチャレンジ!
Ex.「国際社会学」…グローバル化社会の国際問題を英語で学べます。
現在2科目 今後さらに拡充

英語で行う授業


選べる11の地域言語

選べる11の地域言語

横山もなさん

在学生VOICE

「使える英語」を学べる環境があります!

横山もな さん
高校卒業程度認定試験

アラビア語を勉強しています。日本ではアラビア語にあまり馴染みがないかもしれませんが、国連の公用語で、英語、フランス語に次いで世界で3番目に多くの国・地域で使われています。私はグローバル企業に就職したいと考えているので、アラビア語が大きな武器になると考えて勉強しています。シリア出身のオダイマ先生は、常に学生に話しかけながら授業をしてくれるので、コミュニケーションを楽しみながら実践的なアラビア語を学ぶことができます。
ゼミ・学生生活
ゼミナール活動
1年次はクラスゼミナールに所属し、充実した大学生活を送る方法を指導します。
2年次からは少人数のゼミナールに所属し、各分野の専門家である教員から
フェイス・トゥ・フェイスの指導を受けることができます。
ゼミナール単位で海外研修やフィールドワークを実施し、最前線の現場を体験する機会を提供しています。

国際学部ならではの特色

31のゼミ

31クラスあるゼミナールのテーマは多種多様。世界を知る教員たちの指導のもと、国際学部でしかできない学びが待っています。

100%の参加率

2年次からの少人数ゼミナールは全員参加。1年次の授業を通じて、関心のある研究分野や指導を受けたい先生を探しましょう。

10名前後の少人数教育

1クラスの学生は8~12名程度。教員は一人ひとりに向き合うことができ、学生のチームとしての一体感もあります。

学生の自主性を重視

ゼミナールをリードするのは学生自身で、教員はあくまでサポート役。日替わりで学生が主役になって、発表や討論などを実施しています。

ゼミナール活動01

ゼミナール活動02

ゼミナール活動03

野村進-教授

教員VOICE

好奇心のおもむくままに、
未知の世界を冒険しよう。

野村 進 教授

比較文化論というテーマでゼミナールを実施しています。世界を知る上で大切なのは好奇心を持つこと。学生には自分が最も関心のあるテーマを研究してもらい、発表と討論を行っています。また、現場での学びを重視しているので、夏季休暇には海外フィールドワークを実施しており、アジアを中心にこれまで10ヵ国以上を訪問してきました。未知の文化であふれるこの世界を冒険したいという方は、ぜひ一緒に学びましょう。
樋口亮平さん

在学生VOICE

新しい刺激と発見に満ちた
ゼミナールです。

樋口亮平 さん 
埼玉県・伊奈学園総合高等学校出身

野村先生は好奇心旺盛で情熱的。話も人柄も魅力的なので学生に絶大な人気があります。ゼミナールでは自由で活発な意見交換が行われており、自分だけでは知り得なかった世界を垣間見ることができるので毎回楽しみで仕方ありません。特に印象深いのは、夏季休暇にトルコを訪問した時のこと。アジアとヨーロッパの文化が混ざる不思議な国で、キリスト教とイスラム教とが共存する文化を体験し、世界を見る目が大きく変わりました。

異文化交流
留学生へのサポート
エチオピア出身のデレセさんに日本語を教えています。
Q
お二人が留学生のサポートをしようと思ったのは?
古正さん
古正さん:私は日本語教師養成講座を受講していて、日本語を勉強したいというデレセさんを紹介してもらいました。
李さん
李さん :私も留学生なので日本語を話せない辛さはよくわかります。日本での生活は私の方が長いので、デレセさんと一緒に日本語を勉強しています。
Q
どのようにして教えているのですか?
古正さん
古正さん:空き時間に交流会という形で勉強しています。将来は日本語教師になりたいと考えているので、私にとっても勉強になっています。
李さん
李さん :私も日本語を勉強中なので、デレセさんに教えることで自分も上達するのを実感しています。逆に私たちがエチオピアの言語を教わることもあります。

デレセを囲んで

デレセさん

ワークナー・デレセさん(エチオピア出身)

古正大典さん・李龍さん

古正大典さん(神奈川県 吉田島総合高等学校出身)
李 龍さん(韓国出身)

デレセさん応援

箱根駅伝で激走したデレセさんを応援!
デレセさんは「華の2区」を任され見事な走りを見せてくれました。
留学生の出身国一覧
アメリカ/エチオピア/韓国/セネガル/台湾/中国/トンガ/ベトナム/マレーシア/モンゴル など
PICK UP
毎日が国際交流
豊かな国際感覚を身につけます。

国際学部では世界各地から集まった留学生と同じ教室で学びます。異なる価値観や考え方を持つ留学生と議論しながら学ぶことで、国際人に必須の異文化理解力を磨くことができます。

毎日が国際交流

異文化コミュニケーション
お互いの言語を学びます。

英語で、日本語で、あるいは留学生の母語で会話するのが国際学部の日常です。お互いの言語を教え合いながら、実践的なコミュニケーション能力を身につけることができます。

異文化コミュニケーション


地域交流
市民の皆様と連携した農業実習
地元農家との交流。地域に学び、世界へ羽ばたく。

農業総合コースでは、理論だけでなく実践から学ぶことを重視しています。八王子市で農業を営むプロ農家の方にご協力いただいて、栽培から収穫、そして商品になるまでを学んでいます。八王子国際キャンパスには農園があり、最大で50品目もの野菜や果物を栽培しています。また、北海道には同法人の拓殖大学北海道短期大学があり、農業総合コースの学生は最大で1年間の北海道「留学」をすることが可能です。農業専門の大学に匹敵する環境で、グローバルビジネスとして成長著しい農業を実践的に学ぶことができます。
竹下正哲准教授

地域交流02

八王子国際キャンパス内にある農園で、さまざまな作物の種まきから収穫まで、一連の流れを体験します。
農園で収穫した大豆を使って自家製の味噌を作りました。同じく収穫した野菜につけて食べると絶品です!
PICK UP
地元小学校との交流
留学生の話に子どもたちは夢中に。

下條ゼミナールでは、留学生と地元小学校を訪れ、国際交流を行っています。子どもたちの国際感覚を養うだけでなく、学生にとっても地域社会と交流する絶好の機会となっています。

地元小学校との交流

アニマルセラピー
動物に触れ合って心を通わせる。

不登校の子どもたちを八王子国際キャンパスに招いて、キャンパス内の馬場で乗馬体験をしてもらいました。継続的な支援を通じて、子どもたちは徐々に心を開いてくれました。

アニマルセラピー

TOOLS