HOME学部の教育教員紹介 Richard Heselton 准教授

Effort + Passion =Success!

Richard-Heselton

Richard Heselton 准教授

アストン大学TESOL( 英語教育方)修士課程修了。テンプル大学講師コンティニューエデュケーション 英語講師、国士舘大学体育学部武道学科 英語講師を経て拓殖大学国際学部へ奉職。

インタビュー

  • Q
    出身はどちらですか?
  • A
    私は元々Whitbyと呼ばれるイングランドの北東部の海岸沿いの漁業の盛んな小さな町の出身です。

    I’m originally from a small fishing town on the north east coast of England called Whitby.
  • Q
    なぜ日本に来たのですか?
  • A
    私が最初に日本に来たのは20年以上前の、18歳の時でした。職を求めてではなく、日本の武術、とりわけ空手の勉強への強い関心を追及するためでした。す でに国際大会の英国代表をつとめる機会にも恵まれていましたし、最も優れたわざをもっている空手家であると思われる方たちから学ぼうと意欲的でした。

    I came to Japan initially over twenty years ago at the age of eighteen; not in search of employment, but to pursue a strong interest in the study of Japanese martial arts, particularly karate. I had already had the opportunity to represent Britain in international competition, and was motivated to learn from what I perceived as the most highly skilled practitioners of the art.
  • Q
    国際学部に赴任することになった理由、状況についてお話いただけますか?
  • A
    来日して5年が経ち、空手と日本語能力を伸ばすことに、できるだけ多くの時間をつぎ込んでいましたら、自分の人生において極めて重要な岐路に私は達したの です。さまざまな影響を受けた結果として、自分が学校に戻り大学教育をスタートさせるのに、ふさわしい時だと、私は決断しました。

    After living in Japan for 5 years and devoting as much time as I could to developing my karate and Japanese language skills,  I reached a pivotal stage in my life and decided, as a result of various influences, that it was the right time for me to go back to school and embark on a university education.
  • Q
    先生は大学時代にどのような学生生活を送られていましたか?
  • A
    学生としての私の月日は、あっという間に過ぎていき、やらなくてならないことを全てこなしていくには、一日の時間がとても足りないように、いつも思えまし た。さらに、私は空手部の活発なメンバーでもあり、週6日間の練習をこなし、部活動と勉学との適切なバランスをとることは、たしかに時に難しくもありまし た。しかし、このようなかけがえのない経験こそが、今日の私の自己形成につながったと、私は誇りをもって言うことができます。

    My time as a student went by extremely quickly and it always seemed like there were never enough hours in the day for me to manage to accomplish everything I had to do. Furthermore, as I was also an active member of the karate club and training 6 days a week, finding the right balance between my club activities and my studies did     challenging at times.  However, I can say with pride that it is such invaluable experience that has molded me in to the person I am today. 
  • Q
    先生はどうして大学院に進学されたのですか?
  • A
    日本に到着して以来、日本の英語教育の世界だけでなく、日本語と文化の研究に積極的に関わっているうちに、私の関心は、第二言語が教室内と教室外 の両方でどのように習得されていくのかに、強まっていきました。まさに、この背景から、 私は社会言語学と第二言語習得研究の最前線にあるそうした問題の多くに徐々に興味を持つようになり、ついに、英国のアストン大学で母国語を英語としない人 向けの英語教授法の大学院に進む決断をしたのでした。

    Being actively involved in not only the English teaching world in Japan but also the study of the Japanese language and culture since arriving in Japan, my interest grew in the ways in which a second language is acquired both inside and outside the classroom. It is from this background that I became progressively interested in many of those issues that are at the forefront of sociolinguistics and second language acquisition research culminating in my decision to pursue a post graduate education at Aston University in the UK in Teaching English as Foreign Language (TESOL).
  • Q
    現在、関心を持たれている研究テーマをお答えください。
  • A
    学生たちの学習環境を、より学習しやすいものにできる方法に、私はますます関心をもつようになりました。私の現在の研究領域:EFL教室における教師と学習者両方の動機づけの役割と機能は何であるか?教師は、どのようにして、レベルと能力の混合した学生たちに、学習の成果 をより高め向上させることができるか?

    I have become increasingly interested in the ways in which I might better facilitate the learning environment of my students. My current areas of research include: what is the role and function of both teacher and learner motivation in the EFL classroom? How might teachers empower students of mixed levels and abilities to better enhance and improve their learning outcomes?
     

  • Q
    大切にしている言葉などがあればお教え下さい。
  • A

    私の好きな言葉の一つは、老子の「千里の道も一歩から」という言葉です。 その理由は、私の個人的な解釈では、この言葉は、勇気をもって、最初のステップを踏み出し、失敗を恐れず前へ進んでいくということに、要約されるからです。

    One of my favorite sayings is “A journey of a thousand miles begins with a single step” by Lao Tzu.   This is because, in my own interpretation, this saying encapsulates the meaning of having the courage to take the first step and to go onwards without fearing failure.
  • Q
    これから国際学部に入学を希望する学生、とりわけ先生の授業を受講する学生に伝えたいことは?
  • A
     みなさんが、学生としての時間を最大限に活かして、人間としても学問の面からも自分自身を成長させるのみならず、拓殖大学の国際学部だけが提供できるあらゆる機会を最大限に活用することも、せつに願っています。

     I sincerely hope that you; not only make the most of your time as a student to develop yourself on both a personal and academic level, but also make the most of all the opportunities available to you that only the International Faculty of Takushoku can offer.

TOOLS