HOME学部の教育6つのコース制 国際観光コース

国際観光コース

国際競争力を高める基幹産業として注目を集める「観光」。このコースでは、国際観光について実践的に学び、観光業界で活躍できる人材を育成します。世界各地の観光について、地理、歴史、文化、経済、社会などさまざまな視点から分析し、国際社会における観光の現状と未来について考えていきます。海外で実務を経験する研修も実施しており、将来に直結する実践的なスキルを身につけることができます。
宮坂希さん

学生MESSAGE

観光の実務に直結する学びが魅力。業界に求められるサービスパーソンへ。

宮坂 希 さん
長野県・上田染谷丘高等学校出身

私はテーマパークやホテルなどの観光関連産業で働きたいと考えています。国際観光コースでは旅行会社の仕組みを学んだり、テーマパークの歴史や経営方法について分析したり、将来に直結する実践的なことを学べます。また、観光業では海外からのお客様をおもてなしする機会もあるので、言語の修得にも励んでいます。1年次の春季休暇には韓国留学に挑戦し、現地の学生と交流しながら楽しく韓国語を学ぶことができました。次はフィリピン留学に挑戦し、英語を学びながら国際人としての素養を磨いてい
きたいと思っています。

主な専門科目

  • 国際観光
  • 観光産業
  • 観光交通
  • リゾート開発
  • ホスピタリティ
  • 観光と開発
  • 観光社会学
  • 観光危機管理
  • エコツーリズム

めざす進路

  • 旅行(観光)・航空
  • 運輸・物流 
  • ツアーガイド
  • 通訳・翻訳 他

国際観光コースの魅力

こんな先生のこんな授業が面白い!

カナダ(バンクーバー)観光実務研修
国際学部では、2009年7~8月に「カナダ(バンクーバー)観光実務研修」(期間は12日間)を実施することになり、参加者の募集を開始しました。すでに海外研修先として中国、韓国、インドネシア、マレーシア、フィリピン、タイの6カ所がありますので、今回のカナダ観光実務研修は7つ目となります。海外研修制度がますます充実してきたといえます。
国際学部は2008年度より従来の4コースに加え、新たに国際観光コースを設置しました。本コースには「国際観光」、「観光産業」、「ホテル・リゾート開発」、「ホスピタリティ」などの科目が設けられていますが、将来、観光分野で活躍するにはやはり「実務体験」が欠かせません。
そこでカナダ観光実務研修では、JTBバンクーバー支店、空港などでの実務研修や旅行英語の実践的学習などたくさんの魅力的なプログラムを盛り込みました。滞在先はホームステイを予定しており、学生の皆さんのニーズに幅広く対応できる研修になっていると思います。
国際学部の海外研修先はこれまですべてアジアでしたが、国際観光の実務研修ではあえて先進国のカナダを選びました。その理由は以下の通りです。

バンクーバー市街

バンクーバー市街

研究施設の外観

研究施設の外観

教室内の様子

教室内の様子

国際観光の実務研修で先進国カナダである理由

  1. 自然観光資源に富むカナダは世界でも有数の観光立国であり、ホスピタリティ・マネジメントも世界最先端の水準にあります。
  2. 本研修においてはトラベル(旅行)英語を学習する機会も設けられています。カナダは英語を公用語としているので、標準英語を習得する上でも理想的な環境といえます。
  3. カナダの中でも特にバンクーバーは、西海岸に立地することから、一年を通じて温暖な気候に恵まれています。また親日的で治安もよく、学生の安全を確保しやすいというメリットがあります。
  4. 国際学部は国際開発学部からの名称変更とともに、従来のアジアを中心とした研修の枠を一歩踏み出し、広く地球規模で世界を理解していかねばなりません。そのためにもアジアを越えてカナダに研修地を拡大するのは、大きな意義があります。

TOOLS